公開日:2022/10/31

更新日:2022/10/31

営業・マーケティングに強みを持つINESTが、自社プロダクト・サービスを持つ企業に出資を検討

業界:IT
INEST
出資予算
全ての案件
対象ステージ
シード
アーリー
ミドル
レイター
出資スピード
2 ヶ月 3 ヶ月
出資の目的
純投資
事業シナジー投資
SDGs・ESG投資
出資に興味のあるキーワード
営業・マーケティングに強みを持つINESTが、自社プロダクト・サービスを持つ企業に出資を検討

出資の方針

募集エリア
北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州・沖縄 / 海外
出資対象領域

提供できるシナジー

何をやっているのか?

何をやっているのか?

新規プロダクト開発からWEBマーケ、テレマーケ、訪問販売、CRMに至る全機能をワンストップで提供

INESTは「日本を代表する営業支援企業」という方針を掲げ、お客様や商品に合わせた販売方法・チャネルを選び、グループ内の900名の人員と、これまでに培ったノウハウを駆使し、ニーズに合わせた組み合わせ手法を確立してきました。

現在は新規プロダクト開発からWEBマーケティング、テレマーケティング、訪問販売、CRMに至る全機能を当社グループのリソースによってワンストップで提供しています。

【セグメント別の事業紹介】

■法人向け事業

コロナ禍の逆風をものともせず、AIを活用した温度検知ソリューションやBCP対策における蓄電池などの新規プロダクトへ積極的に投資を行ったことや、WEBマーケティングを活用した販売手法を取り入れることで堅調に推移しています。

<提供サービス詳細>

・WEBマーケティング、テレマーケティング、訪問販売

-住まいるあっぷ

-RMS

-iSTAMP

-Smart&Security

-蓄電池

-複合機

-BiZiMo

-インターネット回線

-新電力

-携帯電話

■個人向け事業

携帯電話の事業が売上高の大半を占めている状況でしたが、株式会社Patchを完全子会社としたことでライフライン商材にも注力し、多角的な事業展開を行っています。

<提供サービス詳細>

・WEBマーケティング、テレマーケティング、訪問販売

-ウォーターサーバー

-新都市ガス

-インターネット回線

-新電力

-携帯電話

何を目指しているのか?

長期的な企業価値向上を実現するためには、時価総額をあげていくことが指針となるので、企業価値(時価総額)を伸ばすことが重要だと捉えています。

【具体的には】

(1)積極的なM&Aや資本・業務提携により、新規プロダクト開発やWEBマーケティングの機能強化を図り、開発から販売までのワンストップ体制をより強固にすること。

(2)事業収益の一部を「新規プロダクト開発」や「WEBメディア制作」、「WEB広告運用」などに積極的に投資し、ストック収益の早期積み上げを行うこと。

(3)BPOや自社プロダクトの売上比率を伸ばしていくこと。

(4)マーケティング手法の多角化を行い、WEBマーケティングやウェビナー、SNS等からの売上比率を伸ばしていくこと。

最終的には時価総額1,000億、売上収益1,000億、営業利益100億の実現を目指します。

起業家・経営者に向けてひとこと

起業家・経営者に向けてひとこと

代表取締役社長・執行 健太郎

協業することになった場合は、対等なパートナーとして接したいと考えています。

ぜひ私たちと力を合わせて厳しい環境を乗り越えていきましょう。お会いできることを楽しみにしています!

企業情報

設立年度
2022年
代表者名
執行 健太郎
従業員数
750人
エリア
関東
本社所在地
東京都豊島区東池袋一丁目25番9号
売上高
66億円
営業利益
7,000万円

事業概要

企画からマーケティング、セールス、カスタマーサクセスに至るまで、デジタルとアナログを融合し、当社グループのリソースによってワンストップで提供することで、マーケティング支援やソリューション支援を行う。

買収実績

株式会社アイ・ステーション
Renxa株式会社(旧:株式会社Patch)
Linklet株式会社(旧:日本企業開発支援株式会社)
出資に興味のあるキーワード