公開日:2022/10/31

更新日:2022/10/31

人材派遣・紹介、システムソリューション、環境ビジネスなどの領域で出資先を募集します

業界:人材サービス
エスプール
出資予算
1億 円以下
対象ステージ
シード
アーリー
ミドル
レイター
出資スピード
2 ヶ月 3 ヶ月
出資の目的
純投資
事業シナジー投資
SDGs・ESG投資
出資に興味のあるキーワード
人材派遣・紹介、システムソリューション、環境ビジネスなどの領域で出資先を募集します

出資の方針

募集エリア
北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州・沖縄
出資対象領域

提供できるシナジー

何をやっているのか?

何をやっているのか?

社会問題や企業の経営課題を解決するためにアウトソーシングサービスを提供

エスプールグループは、企業活動を通じて社会問題の解決に取り組んでいます。アウトソーシングサービスによって、社会問題や付随する企業の経営課題を解決することがミッションです。

昨今は社会課題の多様化が進んでいます。環境保護をはじめ、高齢化社会への対応、障がい者福祉や地方創生、貧困問題など、解決すべき問題が多くあります。そのなかでも、現在は特に「人」、および「環境」問題に注力しています。

販売支援やコールセンターの人材アウトソーシングをはじめ、農園を活用した障がい者雇用支援サービス、インターネット通信販売の商品発送代行などを行うロジスティクスアウトソーシングサービスなどが主力事業として挙げられます。

【主な事業】

●人材アウトソーシングサービス

●障がい者雇用支援サービス

●ロジスティクスアウトソーシングサービス

●採用支援サービス 「OMUSUBI」

●環境経営支援サービス

●広域行政BPOサービス

何を目指しているのか?

中長期的なビジョンとして、「社会的価値」と「経済的価値」の両立を実現させることを掲げています。経営面の基本戦略は、環境変化に強い企業グループを目指したポートフォリオ経営の推進です。そして、以下の3点を重点戦略として定めております。

●環境変化にあわせた既存事業の継続的な発展

現在、人材アウトソーシングや障がい者雇用支援、ロジスティクスアウトソーシングなどの主力事業は安定して伸びている段階です。ここからさらに継続して成長していけるよう、既存事業のニーズや課題を深掘りし、事業の強化を進めます。

●新たな事業領域における成長機会の獲得

既存領域が伸長している一方、次の10年を見据えて新たな事業を模索していく必要があります。第3・第4の収益の柱を構築していくために、新規事業開発にも積極的に取り組みます。

●ESGを軸とした経営基盤の強化

企業のESG経営を推進していくべく、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(管理体制)」の3つをより強化していくことを目指しています。これまで当社は「Social」領域に関連する事業が多かったため、そのほかの領域においてもより注力していきたいと考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

起業家・経営者に向けてひとこと

事業戦略推進推進本部 執行役員・鬼木 陽一

1999年の創業以降、社会を取り巻く環境は大きく変化しております。そのような時代背景のなかで着実な事業成長を実現し、2019年には東証プライム市場へ市場変更を果たしました。現在、新たな事業拡大フェーズに入っており、2025年までの中期経営計画においては売上高410億円、営業利益50億円を目標に掲げています。目標に向けて、既存事業や新規事業において積極的にチャレンジしていく必要があります。

より大きな飛躍を遂げるべく、M&Aを通して新たな価値を創出していければと考えております。

当社はファミリーのようなアットホームな雰囲気があり、従業員が一丸となって業務に取り組んでいます。30歳台までの年齢層が多く、活気がありますが、もちろん年齢にとらわれることなく、フラットに働ける環境です。若手のうちに昇格する人材もおり、切磋琢磨できる環境が整っています。

今回は世の中をより良くしていけるような企業と協業できればと思っております。ぜひ、世の中をより良くできるよう一緒に努めていきましょう。ともにグロースできることを楽しみにしています。

企業情報

設立年度
1999年
代表者名
浦上 壮平
従業員数
945人
エリア
関東
本社所在地
東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル6F

事業概要

社会問題や企業の経営課題を解決するためにアウトソーシングサービスを提供。販売支援やコールセンターの人材アウトソーシングをはじめ、障がい者雇用支援、ロジスティクスアウトソーシングなどを展開しています。

買収実績

ブルードットグリーン株式会社

出資実績

株式会社otta
アジアンブリッジ株式会社
出資に興味のあるキーワード