公開日:2022/10/31

更新日:2022/10/31

カゴヤ・ホールディングスがDX推進、アプリ開発、メタバースなどの領域で出資先を募集!

業界:IT
カゴヤ・ホールディングス
出資予算
5億 円以下
対象ステージ
シード
アーリー
ミドル
レイター
出資スピード
2 ヶ月 3 ヶ月
出資の目的
純投資
事業シナジー投資
SDGs・ESG投資
出資に興味のあるキーワード
カゴヤ・ホールディングスがDX推進、アプリ開発、メタバースなどの領域で出資先を募集!

出資の方針

募集エリア
北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州・沖縄 / 海外
出資対象領域

提供できるシナジー

何をやっているのか?

何をやっているのか?

企画から運用まで、グループ全体で有機的に提供する総合DXカンパニーです

カゴヤ・ホールディングスはDXコンサルティング、WEBコンテンツ制作、ビジネス・プロセス・アウトソース、データセンター・クラウドサービスを提供する総合DXカンパニーです。

グループ全体の強みは、データセンターとクラウドというインフラ、人工衛星開発・運用の技術など、それぞれの事業子会社がシナジーを生み出し、高い利益率を実現している点です。

たとえば人工衛星については、スマホやIoT機器のようなインプットのデバイスとしてとらえ、通信局としての機能を強化しています。宇宙からの情報を受信・発信できる体制をつくることで、他の技術やサービスと組み合わせ、新たな事業展開を視野に入れています。

【関連会社】

●カゴヤ・ジャパン株式会社

・インターネットデータセンターの運営事業

・レンタルサーバー事業

・クラウドサービス事業

・その他、インターネット関連サービス事業

●株式会社エスケイワード

・グローバルコミュニケーション支援サービス

・Web戦略サービス

・動画配信・制作サービス

・企業コミュニケーション支援サービス

・クロスメディアサービス

・コンサルティング事業(コンサルティングサイト)

●株式会社ソフテック

・コンピュータシステム導入コンサルティング業務

・コンピュータシステムの開発・販売および保守サービス

・インターネット関連サービス

●テラスペース株式会社

・人工衛星の開発・製造・運用

何を目指しているのか?

現在の連結売上は約10億円ですが、5年以内に30億円規模を目指しています。質の高いコンサルティングサービスをフックに、グループの総力で顧客に新たな価値を提供していきます。

中長期的なビジョンの一つになっているのが、文化事業のDX化です。2022年6月には、全国の公共図書館・小中学校の図書室の管理システムを運営し、好業績の株式会社ソフテックと資本業務提携を結びました。顧客基盤がしっかりしていて、教育業界など異業種への参入も見込める会社です。すでにスマホのアプリで蔵書を検索できる図書館もあります。

将来的には、これまで築いてきたIT技術をもとに単一の図書館だけでなく、さまざまな図書館の情報や、図書館で本を読んだ人たちをネットワーク化していくインフラ構築を検討しています。これにより、本のレコメンドの精度を高め、図書館にある資産を活かした「文化インフラ」としての新しい図書館を創造できると考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

起業家・経営者に向けてひとこと

経営者同士の人的ネットワークも豊富で、組織運営の情報・ノウハウを得られます。また、クリエイター、エンジニアなどの人的リリースも融通でき、経営のブレインとなるプロフェッショナルもそろっているため、組織運営や資金面での課題をお持ちであればお手伝いできます。

「優れたプロダクトや技術、エンジニアの人的リソースが活かしきれていない」

「面白いアイデアはあるが、それを実現させるリソースが不足している」

こういった課題をお持ちの企業とぜひ協業したいと考えています。お互いの事業を伸ばしがら、両社でシナジーを最大限に発揮して、新たな事業創出を目指していきましょう。

企業情報

設立年度
1983年
代表者名
北川 貞大
従業員数
77人
エリア
近畿
本社所在地
京都府京田辺市田辺沓脱41

事業概要

DXコンサルティング、WEBコンテンツ制作、ビジネス・プロセス・アウトソース、データセンター・クラウドサービスを総合的に提供するDXカンパニーです。

買収実績

株式会社ミップ
株式会社エスケイワード
株式会社ソフテック
出資に興味のあるキーワード