公開日:2022/10/31

更新日:2022/10/31

デジタル・アナログ融合型のマーケティング支援で成長を続けるシャノンが、周辺領域のパートナーを募集!

業界:IT
シャノン
出資予算
全ての案件
対象ステージ
シード
アーリー
ミドル
レイター
出資スピード
2 ヶ月 3 ヶ月
出資の目的
純投資
事業シナジー投資
SDGs・ESG投資
出資に興味のあるキーワード
デジタル・アナログ融合型のマーケティング支援で成長を続けるシャノンが、周辺領域のパートナーを募集!

出資の方針

募集エリア
北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州・沖縄 / 海外
出資対象領域

提供できるシナジー

何をやっているのか?

何をやっているのか?

当社は“テクノロジー”と“サイエンス”で企業のマーケティング課題を解決する会社です。クラウド型マーケティングシステム「シャノンマーケティングプラットフォーム」を自社開発し、豊富な機能を持つマーケティング統合環境として提供しています。

このプラットフォーム上には、「マーケティングオートメーション(MA)」と「イベントマーケティング(EM)」の2つのサービスがあります。

●マーケティングオートメーション(MA)

MAは見込み客および既存顧客から商談を獲得するために実施する、オンライン/オフラインのマーケティング活動全般を統合管理するサービス。顧客企業は、BtoBビジネスでは業種を問わず、BtoCビジネスでは金融・通信・不動産・自動車などの高単価な事業領域の大手企業を中心に、400社ほどに上ります。長期的に収益に貢献するサブスクリプション売上を主体として、売上規模は10億円超に成長しています。

●イベントマーケティング事業(EM)

EMは、セミナーなどのイベントの事前準備から事後フォローまでのプロセス全体を対象に、統合的・効率的な運用を可能にするサービスです。イベント事務局の運営代行のほか、会期中の現場スタッフ手配、集客・対応・フォローの管理システム構築、出展者のエントリーシステムやお知らせなどのフルIT化、さらにはニーズに合わせたマーケティング活動業務まで、トータルでサポート。大規模なセミナーや展示会など年間100本以上のイベントに採用されています。

当プラットフォームの大きな特徴は、デジタル/アナログ両面の接点を活用し、両者を融合した顧客体験を設計できること。たとえばメールを数度送って反応がない見込み客には、さらに紙のダイレクトメールを自動で郵送したり、セミナーやイベントの来場情報からデジタルなアプローチにつなげていくといったシナリオ設計が可能になります。また、外資系競合企業との差別化要素として、ユーザーへの充実した無料サポート(電話、メール)、トレーニングを提供しています。

さらに、withコロナ時代に合わせ、ウェビナーパック、オンラインカンファレンスサービス、「3DCG」バーチャルイベントなど、新サービスも次々とリリースしています。

何を目指しているのか?

当社は設立から20年間、コツコツと地道に顧客を増やしてきました。その豊富な経験とノウハウをベースに、常に「新しいマーケティングの創造」に挑戦しています。

中期的な計画としては、MAサービスにおけるサブスクリプション売上の拡大を軸に、2019年10月期時点で2%の営業利益率を10%超まで高めていくことを目標に掲げています。また、毎年の売上成長率は30%を目標としています。

その実現に向けては、組織規模の一層の拡大が必要となることから、マネジメント層の育成、直販営業組織の拡大を行っていきます。さらに海外戦略として、イベントマーケティングを軸に、東南アジアからのサービス展開を計画しています。

起業家・経営者に向けてひとこと

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は一つのサービスをじっくりと大切に育て、コツコツと地道にお客様を増やしていくのを得意とする、メーカー系の文化を持つ会社です。創業間もないITベンチャーなどとは一味違った、「誠実」「実直」な社風で堅実にビジネスを成長させています。

ものづくりを大切にする当社の社風・DNAに共感していただける事業者様は、ぜひご協力ください。貴社の製品やサービスも大切に育てていければと思います。

企業情報

設立年度
2000年
代表者名
中村 健一郎
従業員数
157人
エリア
関東
本社所在地
東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4F
売上高
18.6億円

事業概要

シャノンは豊富な経験とノウハウをベースに、自社開発のクラウド型マーケティングシステムを提供し、企業のマーケティング活動やセミナー・イベントにおける課題解決を支援しています。

出資に興味のあるキーワード